コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月江正文 げっこう しょうぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月江正文 げっこう-しょうぶん

?-1462/63 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)補陀(ほだ)寺の無極慧徹(むごく-えてつ)に師事し,同寺2世となる。丹波永沢(ようたく)寺,相模(さがみ)最乗寺,武蔵(むさし)大泉寺の住持。尾張(おわり)(愛知県)楞厳(りょうごん)寺の開山(かいさん)。のち上野に双林寺,武蔵大宮(埼玉県)に普門院をひらいた。寛正(かんしょう)3年1月23日/4年1月22日死去。山城(京都府)出身。俗姓は藤原。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

月江正文の関連キーワード蓮田兵衛ユーヌス・ハンルネサンス史(年表)首都圏の待機児童池坊専慶イワン戯奴壬生城イワン[3世]アルバニア文学

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone