コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月泉性印 げっせん しょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月泉性印 げっせん-しょういん

1408-1471* 室町時代の僧。
応永15年1月20日生まれ。曹洞(そうとう)宗。京都の人。一説に備中(びっちゅう)(岡山県)の人。備中洞松寺の喜山性讃(きざん-しょうさん),霊岳洞源(れいがく-どうげん)に師事し,洞源の法をつぐ。越後(えちご)(新潟県)耕雲寺などの住持をつとめ,尾張(おわり)(愛知県)に宝積寺,美濃(みの)(岐阜県)に開元院をひらいた。文明2年12月28日死去。63歳。俗姓大江

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

月泉性印 (げっせんしょういん)

生年月日:1408年1月20日
室町時代の曹洞宗の僧
1470年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

月泉性印の関連キーワード盛禅洞奭室町時代生年月日曹洞宗

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android