コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登国 のとのくに

6件 の用語解説(能登国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能登国
のとのくに

現在の石川県北部。北陸道の一国。中国。『旧事本紀』には能登国造,羽咋 (はくひ) 国造が記されている。初め越前国に属したが,養老2 (718) 年4郡をさいて能登国をおいた。天平 13 (741) 年には越中国に併合されたが,天平宝字1 (757) 年再び一国となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のと‐の‐くに【能登国】

能登

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

能登国【のとのくに】

旧国名。能州とも。北陸道の一国。現在の石川県北部。718年越前(えちぜん)国から分置,741年越中(えっちゅう)国に併合,757年再置。《延喜式》に中国,4郡。
→関連項目石川[県]中部地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

のとのくに【能登国】

現在の石川県能登半島のほぼ全域を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で北陸道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は中国(ちゅうこく)、京からの距離では中国(ちゅうごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の七尾(ななお)市におかれていた。平安時代末に平氏知行国(ちぎょうこく)となるが、室町時代には畠山(はたけやま)氏守護職を世襲、やがて七尾城を中心に戦国大名となった。戦国時代末期には前田氏の領有となり、金沢藩支配のもと幕末に至った。1871年(明治4)の廃藩置県により金沢県と高山県に分かれ、翌年に七尾県として併合。1872年(明治6)に石川県に編入された。◇能州(のうしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のとのくに【能登国】

旧国名。能州。現在の石川県羽咋(はくい)郡以北,能登半島の大部分を占める。
【古代】
 北陸道に属する中国(《延喜式》)。国郡制が施行された当初は越前国に属したが,718年(養老2)越前国の羽咋,能登,鳳至(ふげし),珠洲(すず)4郡を割いて,能登国が設置された。国名の由来は,立国の際,能登郡(現,七尾市)に国府が置かれたことによる。しかし741年(天平13)に至り,能登国は越中国に併合され廃国となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能登国
のとのくに

石川県北部、能登半島の大部分を占める旧国名。略称能州(のうしゅう)。北陸道に属し、南は加賀、越中(えっちゅう)両国に接する。国郡制施行の際越前(えちぜん)国に属し、718年(養老2)越前国の羽咋(はくい)、能登、鳳至(ふげし)、珠洲(すず)の四郡を割いて能登国が置かれた。前二者を口郡(くちごおり)、後二者を奥郡(おくごおり)という。以後この四郡構成に変化はない〔能登郡は中世に鹿島(かしま)郡と改称〕。
 741年(天平13)越中国に合併されたが、757年(天平宝字1)旧に復し能登国が分置された。国府は七尾(ななお)市古府(ふるこ)町に置かれ、国分寺には定額(じょうがく)寺の大興(たいこう)寺が転用された。
 古代において、能登は東北地方の蝦夷(えぞ)経営の前進基地ともなり、また渤海(ぼっかい)、高句麗(こうくり)の使節の往来に伴い、対外交渉の要地でもあった。『延喜式(えんぎしき)』(927)には、名神(みょうじん)大社の気多(けた)神社および小社42座がみえる。貢納物には調(ちょう)として綾(あや)・絹・熬海鼠(いりこ)・海鼠腸(このわた)、庸(よう)として白木韓櫃(しらきのからびつ)・綿、中男(ちゅうなん)作物として席(むしろ)・薦(こも)・漆(うるし)・胡麻油(ごまあぶら)・雑魚(きたい)・鯖(さば)などがあった。なお、748年越中守大伴家持(かみおおとものやかもち)が出挙(すいこ)督励のため能登四郡を巡回したことは有名。
 平安末期、能登は平氏一門の知行(ちぎょう)国となったが、1183年(寿永2)源義仲(よしなか)の挙兵に応じて土田、得田(とくだ)、武部(たけべ)らの在地武士がこれに加わった。鎌倉・南北朝時代には、名越(なごえ)、吉見、桃井(もものい)、畠山(はたけやま)氏らが守護となり、畠山氏は室町時代にも守護職(しき)を世襲した。畠山氏は、やがて七尾城を築いて戦国大名へと発展したが、1577年(天正5)上杉謙信(けんしん)に滅ぼされた。
 1581年能登は織田信長の制するところとなり、前田利家(としいえ)が1国を知行した。次男利政(としまさ)が能登1国21万石を継承したが、関ヶ原の戦いで西軍にくみしたため改易され所領は兄の加賀藩主利長に与えられた。その後、国内の領地の一部は土方雄久(ひじかたかつひさ)領を経て幕府領となったが、1722年(享保7)には加賀藩への預地となった。能登の惣高(そうだか)は、1634年(寛永11)約21万7000石、1711年(正徳1)約27万2000石。1871年(明治4)には石高(こくだか)は変わらず、戸数4万8465、人口24万1426であった。
 日本海に突き出た地形の能登は、古来海産物に恵まれ、鯖、烏賊(いか)、鮑(あわび)、海鼠(なまこ)などが特産となっている。また、塩の生産も多く、藩政時代には専売品に指定された。このほか輪島塗(わじまぬり)、輪島そうめん、中居(なかい)の鋳物〔穴水(あなみず)町〕なども有名である。
 1871年廃藩置県により七尾県となり、翌年には石川県に編入された。[東四柳史明]
『下出積与著『石川県の歴史』(1970・山川出版社) ▽若林喜三郎監修『石川県の歴史』(1970・北国出版社) ▽若林喜三郎編著『加賀・能登の歴史』(1978・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の能登国の言及

【越中国】より

…越中の国名の初見は《続日本紀》大宝2年(702)3月甲申条で,〈越中国四郡を分け,越後国に属す〉と見え,このとき頸城郡以北の4郡が越後国につけられて両国の国境が定まった。741年(天平13)12月能登国が当国に合併されたが,757年(天平宝字1)5月に再び分置され,射水(いみず),礪(砺)波(となみ),婦負(ねい),新川(にいかわ)の4郡を管する越中国の領域が確定した。《延喜式》に上国とあるが,上国と定められたのは804年(延暦23)で,それ以前はすでに上国なみの官制を適用されてはいたが,等級としては中国であったらしい。…

※「能登国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

能登国の関連キーワード猿山岬能登島宝達山能登見附島巌門能登空港七尾港能登島[町]石川県珠洲市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能登国の関連情報