有る時払いの催促なし(読み)あるときばらいのさいそくなし

ことわざを知る辞典「有る時払いの催促なし」の解説

有る時払いの催促なし

金銭の貸借に際し、返済期限を定めず、借り手は都合がついた時に返済すればよく、また貸し手も催促をしないという条件。

[使用例] 誰もが、何一つ督促がましいことは言わず、一種の「ある時払いの催促なし」みたいなものだから日々苦しむというようなことはないが、相手の好意が分かるだけに、いっそうその厚意に報いたいと思う[渡辺淳一*花埋み|1970]

[解説] 信頼関係に基づくきわめて寛大な返済条件で、近代以前には広く行われていました。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「有る時払いの催促なし」の解説

有(あ)る時(とき)払(ばら)いの催促(さいそく)なし

借金の返済について、お金の余裕があるときに返せばよく、催促もいっさいしないということ。最も寛大な返済条件をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android