コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有封社 うふのやしろ

2件 の用語解説(有封社の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

有封社【うふのやしろ】

古代日本で朝廷から寄進された封戸(ふこ)(神戸(かんべ))を有する神社。崇神(すじん)天皇7年に制定されたというが明確でない。封戸からは神社経営の労働力や,経済基盤を得ていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうふうのやしろ【有封社】

正しくは〈うふのやしろ〉と読む。古く封戸(ふこ)を有した神社のこと。封戸は国家より施入され,租,庸,調,雑役をその神社に納め,神戸(かんべ),神封戸とも呼ばれた。その起源は明らかでないが,古代神祇行政の整備とともに確立し,《新抄格勅符抄》に806年(大同1)当時,約170社4876戸の存したことを記している。のち鎌倉幕府の《御成敗式目》のなかにも,この語がみられるが,当時はすでに衰退の期であった。【鎌田 純一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の有封社の言及

【有封社】より

…正しくは〈うふのやしろ〉と読む。古く封戸(ふこ)を有した神社のこと。封戸は国家より施入され,租,庸,調,雑役をその神社に納め,神戸(かんべ),神封戸とも呼ばれた。その起源は明らかでないが,古代神祇行政の整備とともに確立し,《新抄格勅符抄》に806年(大同1)当時,約170社4876戸の存したことを記している。のち鎌倉幕府の《御成敗式目》のなかにも,この語がみられるが,当時はすでに衰退の期であった。【鎌田 純一】…

※「有封社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone