コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機性汚濁物質 ゆうきせいおだくぶっしつ

1件 の用語解説(有機性汚濁物質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機性汚濁物質
ゆうきせいおだくぶっしつ

水質汚濁物質のうち,炭化水素,蛋白質などのような有機物質をいう。各種微生物の栄養源になるため,この量が多いと腐敗して,水中の溶存酸素を減少させる。溶存酸素がなくなると嫌気的分解を起し,硫化水素メタンガスなどの有害なガスを発生させ,悪臭を生じ,いわゆる死の川になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有機性汚濁物質の関連キーワードエチレン系炭化水素汚濁負荷量複合蛋白質芳香族炭化水素不飽和炭化水素飽和炭化水素脂環式炭化水素水質汚濁性農薬水質汚濁物質水質汚濁防止装置

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone