コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機性汚濁物質 ゆうきせいおだくぶっしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機性汚濁物質
ゆうきせいおだくぶっしつ

水質汚濁物質のうち,炭化水素蛋白質などのような有機物質をいう。各種微生物の栄養源になるため,この量が多いと腐敗して,水中の溶存酸素を減少させる。溶存酸素がなくなると嫌気的分解を起し,硫化水素メタンガスなどの有害なガスを発生させ,悪臭を生じ,いわゆる死の川になる。物質量をさす指標として,生物化学的酸素要求量 BOD,化学的酸素要求量 CODなどが使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

有機性汚濁物質の関連キーワード生物化学的処理法水質汚濁物質自浄作用水質汚濁下水道酸欠死

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android