有毒菌類(読み)ゆうどくきんるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有毒菌類
ゆうどくきんるい

ヒトや家畜などに対して有毒な物質をもつ菌類をいう。広義には有毒な細菌を含めるが、狭義には有毒キノコだけをさす。通常は有毒な子嚢(しのう)菌類や担子菌類に属する菌類をいう。子嚢菌類に属するものにはコウジカビAspergillus、アオカビPenicillium、アカカビFusarium、バッカクキンClavicepus purpureaがある。これらの生産する毒素をマイコトキシンmycotoxinまたはかび毒といい、慢性・急性の中毒の原因となる。担子菌類に属する菌類は、いわゆる毒キノコとよばれるもので、テングタケの仲間(シロタマゴテングタケ、ドクツルタケ、テングタケ、ベニテングタケなど)、ツキヨタケ、ドクササコ、イッポンシメジ、クサウラベニタケ、ニガクリタケ、カキシメジ(マツシメジ)、ニセクロハツ、シビレタケ、ワライタケ、ドクアジロガサなどがある。
 日本で中毒例の多いキノコにはツキヨタケがあり、死亡例の多いキノコにはテングタケの仲間がある。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android