コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有福恂允 ありふく じゅんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有福恂允 ありふく-じゅんすけ

1831-1876 幕末-明治時代の武士,士族。
天保(てんぽう)2年生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士三条実美(さねとみ)らの七卿落ちのとき御用掛をつとめる。維新後は萩で家塾をひらく。明治9年前原一誠らの萩の乱にくわわり,同年12月3日処刑された。46歳。通称は半右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有福恂允の関連キーワード明治時代天保士族

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android