コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎葉植物 ケイヨウショクブツ

4件 の用語解説(茎葉植物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいよう‐しょくぶつ〔ケイエフ‐〕【茎葉植物】

維管束の分化がみられ、茎と葉をもつ植物。種子植物シダ植物コケ植物蘚類(せんるい)を含む。→葉状植物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいようしょくぶつ【茎葉植物 cormophyte】

葉状植物の対語。体制が茎と葉に分化した植物という意味で,通道組織をもった植物をいう。エントリッヒャーS.L.Endlicherが提唱した(1826)。彼はコケ植物中の蘚類,シダ植物裸子植物被子植物を含めた。ここから蘚類を除けば,すべて真の茎と葉があり,維管束が分化しているので,この群に対しては維管束植物と呼ぶことができる。コケ植物のうち,苔類を葉状植物に入れ,蘚類を茎葉植物とするのは不自然である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいようしょくぶつ【茎葉植物】

導束または維管束が発達し、茎と葉が分化した植物体をもつ植物群の総称。蘚せん類と維管束植物がこれに属する。 ↔ 葉状植物

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茎葉植物
けいようしょくぶつ

茎、根、葉などの栄養器官が分化している植物の総称。オーストリアのエンドリッハーS. L. Endlicher(1804―49)が著書『植物の属』で最初に用いた。維管束があり、完全な生殖器官をもつ種子植物、シダ植物とコケ植物の蘚類(せんるい)を一つにまとめたものである。しかし蘚類の道束はシダ植物の維管束と解剖学的相同性が小さいなど、系統分類学上、一つにまとめて扱うには無理がある。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茎葉植物の言及

【茎葉体】より

…逆に,維管束植物のうちでも,ウキクサやカワゴケソウのように,一見苔(たい)類の葉状体のような見かけをもつものもあるが,よくみれば茎や葉の分化は顕著であって,葉状体とは異なっている。コケ植物と維管束植物を含めた陸上植物の総称として茎葉植物cormophytaの呼称が用いられることもある。【岩槻 邦男】。…

【植物】より

…そのことから,陸上植物を有胚植物ということもある。また,陸上植物を茎葉植物とよんで藻類,菌類の葉状植物と対比させることもあるが,苔類なども葉状植物といって定義がはっきりしない。陸上植物が緑藻類から約4億年前に進化してきたことはほぼ確かなようである。…

【陸上植物】より

…バワーF.O.Bowerが1908年にいいだしたものと思われる。有胚植物や茎葉植物とほぼ同じ内容をもつ言葉で,コケ植物維管束植物が含められる。なお生態学で水生植物に対する陸生植物terrestrial plantという用法もある。…

※「茎葉植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茎葉植物の関連キーワード草本二次組織ペコプテリス葉状植物下等植物茎葉体蘚類苔類葉状体フィトレイム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone