コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕花植物 けんかしょくぶつflowering plants; Phanerogamae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顕花植物
けんかしょくぶつ
flowering plants; Phanerogamae

花をつける植物の意。もともとは「花」をもたない隠花植物 flowerless plants; Cryptogamaeに対する語。分類学上の分類群として広く用いられてきたが,厳密にいうと,ヒカゲノカヅラ類,スギナ類などの胞子嚢穂も「」と考えられるので,適当な言ではない。このため現在は種子の存在を基準とした種子植物 seed plants; Spermatophytaという語に置き換えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

顕花植物【けんかしょくぶつ】

隠花植物の対語で種子植物ともいう。花をつけ種子を作る植物。裸子植物と被子植物の両者の総称で,植物の中で最も高等である。これらおよび隠花植物のシダ植物には維管束があり,・葉の三つの器官の分化がみられる。
→関連項目レイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんかしょくぶつ【顕花植物 Phanerogam】

隠花植物の対語。花を咲かせる植物の総称で,裸子植物と被子植物を含む(ブロニャールA.Brongniart,1843)。有花植物はこれとほぼ同義語的に用いられることもあるが,元来は被子植物のみをさす。〈花〉を被子植物だけのものとして認識するか,裸子植物にまで広げて解釈するかによって範囲が変わるが,もともと顕花植物は裸子植物を含めていた。花を構成する萼,花弁,おしべ,めしべの諸器官の起源を探ると,すべて葉の変形したものと考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんかしょくぶつ【顕花植物】

種子植物の旧称。 ↔ 隠花植物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顕花植物
けんかしょくぶつ

花をつけ、種子を生じる植物の総称。フランスの植物学者ブロニャールA. T. Brongniart(1801―76)が被子植物と裸子植物を一つにまとめ、シダ植物などの隠花植物と区別した。しかし、シダ植物のヒカゲノカズラなどの胞子嚢穂(ほうしのうすい)を器官学的には花とみることもできるので、系統分類学上、被子植物と裸子植物をまとめるときは、花の有無でなく、種子の形成を基準に種子植物という語を用いるのが適当である。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の顕花植物の言及

【維管束植物】より

…しばしば高等植物と呼ばれることがある。 かつて,植物界を花の有無によって顕花植物と隠花植物に二分する分類法があった(ブロニャールA.Brongniart,1843)。比較器官学の立場から花は〈茎頂に胞子葉が密生したもの〉と定義づけられるので,隠花植物に属するシダ植物の中にも一種の花を咲かせるものがあることになる(例,ヒカゲノカズラ,トクサ)。…

※「顕花植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

顕花植物の関連キーワードブラウン(Alexander Braun)ホーフマイスターシダ(羊歯)植物ホフマイスターABCモデル大井 次三郎プテロプシダシュミット線アオウミガメド・バリー維管束植物南方 熊楠アマモ科花芽形成男女群島南極半島アマモ押し葉スガモ東市来

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android