有道(読み)ゆうどう

精選版 日本国語大辞典「有道」の解説

ゆう‐どう イウダウ【有道】

〘名〙 (形動) (「ゆうとう」とも) 正しい道にかなっていること。正道を行なうこと。徳をそなえていること。転じて、天下を治めること。また、そのさまやその人。無道に対していう。
※懐風藻(751)望雪〈紀古麻呂〉「無為聖徳重寸陰、有道神功軽球琳
※平治(1220頃か)中「大弐殿の御嫡子左衛門佐殿は、有道のきこえましませば」 〔礼記‐礼器〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「有道」の解説

ゆう‐どう〔イウダウ〕【有道】

《「ゆうとう」とも》正しい道にかなっていること。正しい道にかなった行いをすること。また、その人。
「左衛門佐殿は―のきこえましませば」〈古活字本平治・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android