有馬豊祐(読み)ありま とよすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬豊祐 ありま-とよすけ

1646-1701* 江戸時代前期の大名。
正保(しょうほ)3年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩主小出吉重(よししげ)の子。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩主有馬忠頼の養子となるが,のち男子出生のため,寛文8年1万石を分与され,久留米藩支藩松崎藩主となる。貞享(じょうきょう)元年親族土方雄隆(ひじかた-かつたか)の改易に連座して除封され,所領はのち本藩にもどされた。元禄13年12月28日死去。55歳。初名は豊範。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android