服部喜三(読み)はっとり きぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部喜三 はっとり-きぞう

1893-1978 大正-昭和時代の洋画家。
明治26年生まれ。関西美術院にまなぶ。大正2年文展に初入選,以後官展を中心に発表する。鹿子木孟郎(かのこぎ-たけしろう)の画塾や関西日仏学館などで後進の指導にあたる。人物画を得意とした。昭和53年死去。85歳。大阪出身。作品に「壺ヲ持ッタ自画像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android