コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部寛斎 はっとり かんさい

美術人名辞典の解説

服部寛斎

江戸中期の漢学者。江戸生。漢学者服部鵞渓の子。名は保庸、字は紹卿、別号を竜渓、通称は藤五郎(藤九郎)。木下順庵の門人。甲府藩主徳川綱豊に江戸桜田邸で儒員として仕えたのち、将軍徳川家宣のとき幕府儒官となった。享保6年(1721)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部寛斎 はっとり-かんさい

1667-1721 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文7年生まれ。木下順庵にまなび,甲斐(かい)(山梨県)府中藩主徳川綱豊(6代将軍家宣(いえのぶ))の侍講となり,のち幕府につかえた。榎本其角(えのもと-きかく)の儒学の師。享保(きょうほう)6年6月3日死去。55歳。江戸出身。名は保庸(やすつね)。字(あざな)は紹卿。通称は藤九郎。別号に竜渓。著作に「御伽物語」「談苑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

服部寛斎 (はっとりかんさい)

生年月日:1675年10月25日
江戸時代中期の儒者
1721年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

服部寛斎の関連キーワード木門の十哲生年月日宝井其角服部樗洲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android