コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部氏 はっとりうじ

1件 の用語解説(服部氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はっとりうじ【服部氏】

服部連(はとりのむらじ)の子孫として服部を称する家で,諸国に分布しているが,伊賀阿拝郡服部郷(三重県上野市)を本拠とした服部氏が最も著名である。伊賀服部氏は服部郷内に氏神,氏寺をもつ惣領家を中心とし,黒田荘,石打荘,平柿荘などに庶子家を分立させた名家である。鎌倉時代には,早くから源頼朝に味方し,以後御家人として幕府に仕えた。南北朝時代に至ると,惣領服部持法を中心として,阿拝郡,山田郡の御家人,非御家人を集合した国人一揆を結成し,荘園領主,守護,隣国勢力と対抗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

服部氏の関連キーワード服部あさ服部服部タバコ服部白賁服部正成服部小平太服部星渓服部樗洲服部呰女服部於田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

服部氏の関連情報