(読み)チン

大辞林 第三版の解説

ちん【朕】

( 代 )
一人称。天子が自称として用いる。われ。 〔中国古代では普通の人も使ったが、秦の始皇帝のとき、天子だけの自称となったという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちん【朕】

〘代名〙 天子の自称。
※将門記承徳三年点(1099)「朕(チム)が位を蔭子平将門に授け奉る」 〔書経‐堯典〕
[補注]古代中国においては一般に自称として用いられたが、秦の始皇帝のとき、天子の自称と定められた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朕の関連情報