コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卜辞 ぼくじBu-ci

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卜辞
ぼくじ
Bu-ci

甲骨文ともいう。中国,殷代に卜占のため亀甲獣骨に刻んだ文。これを焼いて吉凶を占った。河南省安陽県の殷墟から最初に発見されたところから殷墟辞,略して一般に卜辞と呼んでいる。甲骨文字は,刀で直線的に彫られ,特殊なものには,字の刻み目に朱が入っているものもある。甲骨文は5つの時期に区分され,時期によって字形,書体などにかなりの相違が認められる。占われる内容は軍事,祭祀,田猟,卜旬,求年,疾病など多方面にわたり,肯定と否定の命辞を左右対称に刻んでいるものが典型である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐じ【×卜辞】

中国の代、亀甲・獣骨に刻んだうらないの文字。→甲骨文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくじ【卜辞 bǔ cí】

一般的には中国殷代の卜占の記録をいう。亀甲や牛の肩甲骨を使用して卜占を行い,その亀甲や牛骨に,卜占の内容を小刀で(ほ)って記録してあるので,甲骨文とも,契文ともいう。1899年(光緒25)河南省安陽市北西郊の小屯村一帯で発見,以後考古学者により発掘されたものをふくめ,約10万片が得られ,殷代研究の基本資料として解読・研究が行われた。殷第30代の王武丁より最後の帝辛(紂王(ちゆうおう))まで約250年間のもので,5期に編される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼくじ【卜辞】

甲骨文字の文章。その内容は王の行動の吉凶を占う卜占が大半を占める。 → 甲骨文字

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卜辞
ぼくじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の卜辞の言及

【殷】より

… また後期になり,初めて文字が発見される。これが甲骨文字で,漢字の現存の最古のものであり,それを使って書いた記録の大半が卜いの記録であるので,卜辞ともいう。この文字は,現在,河南省鄭州市の後期の遺跡で数点発見される以外は,すべて安陽市北郊小屯村一帯でしか発見されず,しかも原始的な絵画文字からは進化した文字であり,その祖形は未発見であるため,この文字の起源もやはり大きな問題である。…

【占い】より

…やがてそのテキストである《易経》が整備され,漢代にそれが経典となるにいたり,筮=易の地位は不動のものになっていった。亀卜の占例は殷代の卜辞(甲骨文字)によって知られるが,それによれば,祭祀,軍事,狩猟,天候など国家的行事の吉凶が占われた。周代の占筮の具体例は残っていないが,《左氏伝》や《国語》には《易》にもとづく10余りの実占例がみえ,そのなかには周代の占法を伝えるものもあるといわれる。…

【甲骨学】より

甲骨文とは,中国の殷代に亀甲や牛の肩甲骨に文字を彫って記録した文。卜辞,契文ともよぶ。この甲骨文は,1899年(光緒25)に河南省安陽市北西郊の小屯村で初めて発見された。…

【中国文学】より

…文字(漢字)が作り出されたのはごく古く,前20世紀以前だと思われる。今日残存する最古の記録は殷代の〈卜辞(ぼくじ)〉であるが,それに用いられた漢字は単純な絵文字ではなく相当進歩した段階にあった。卜辞は君主のために神意を問うた占いのことばで,短いものが多い。…

※「卜辞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卜辞の関連キーワードシャバンヌ(Emanuel Edouard Chavannes)中国文学古文書学黄河文明古文書郭沫若王国維甲骨学婦好墓鳳凰犬戎盤庚河伯湯王亀卜

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android