コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月桂 もちづき かつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月桂 もちづき-かつら

1887-1975 大正-昭和時代の社会運動家,漫画家。
明治20年1月11日生まれ。東京で飯屋をいとなむ。アナーキスト系の機関誌などに挿絵をかき,大正8年黒耀(こくよう)会を結成。戦後は郷里で農民運動,美術教育にあたった。大杉栄との共著「漫文漫画」がある。昭和50年12月13日死去。88歳。長野県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。筆名は犀川凡太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

望月桂の関連キーワードプロレタリア美術渡辺政太郎久板卯之助昭和時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android