コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犀川 さいがわ

10件 の用語解説(犀川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犀川
さいがわ

石川県,金沢平野の中央部を流れる川。全長約 37km。富山県との県境にある大門山 (1572m) に発する倉谷川と奈良岳 (1644m) に発する二又川が合流し犀川となり,北西流して金沢市内を貫流,金石 (かないわ) で日本海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

犀川
さいがわ

福岡県東部,みやこ町南部の旧町域。周防灘に注ぐ今川,祓川の上・中流域から英彦山地北斜面に広がる。 1943年町制施行。 1956年城井村,伊良原村を編入。 2006年勝山町,豊津町と合体して,みやこ町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

犀川
さいがわ

長野県北部を流れる川。千曲川最大の支流。全長 153km。松本市北東部で奈良井川と梓川が合流して犀川となり,安曇野市明科高瀬川を合わせ,筑摩山地を北流する。長野市市街地付近で裾花川と,川中島付近で千曲川と合流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さい‐がわ〔‐がは〕【犀川】

石川・富山県境付近の奈良岳に源を発し、北西に流れ、金沢市西部で日本海に注ぐ川。長さ約34キロ。
長野県中央部を流れる川。松本盆地松本市・安曇野(あづみの)市の境界付近から、長野盆地で千曲川に合流するまでの約100キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

犀川【さいがわ】

長野県の千曲(ちくま)川の支流。松本盆地梓川と奈良井川の合流点から,長野盆地川中島の大扇状地を形成して千曲川に注ぐまでの長さ約84kmで,筑摩山地を蛇行(だこう)しつつ北東流し,両岸に数段の段丘をつくる。
→関連項目明科[町]信濃川信州新町[町]筑摩山地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいがわ【犀川】

金沢市南部の山地から北西流して市街地を貫流し金石(かないわ)で日本海に注ぐ川。全長34km,流域面積256km2。河口にある金石港は,古くは宮腰(みやのこし)港と呼ばれ,藩政時代は城下町金沢の外港として重要視された。かつてはしばしばはんらんし,沿岸に水害をもたらしたが,上流部の二又新町地内に犀川ダム,支流内川に内川ダムが完成して洪水は防止され,市街地の両岸の河川敷は緑地公園となった。1974年浅野川の洪水防止のため金沢市街地の南東,田上本町と大桑町地内に導水路を建設し,浅野川の水を犀川へ分水している。

さいがわ【犀川】

千曲(ちくま)川の最大の支流。上流の梓(あずさ)川高瀬川,さらに北流する奈良井川が長野県の松本盆地で合流するところから,長野盆地で千曲川と合流するまでの約80kmをいい,流水量は本流の千曲川より多い。槍ヶ岳に発する梓川と高瀬川飛驒山脈を深い谷を刻んで流れ松本盆地に出る。盆地東部の明科(あかしな)町から犀川丘陵を穿入(せんにゆう)蛇行し,北流して長野盆地に入る。この盆地に形成された犀川の扇状地は川中島平とよばれ,武田信玄上杉謙信川中島の戦で有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいがわ【犀川】

石川県金沢市を流れる川。奈良岳に源を発する。長さ34キロメートル。
長野県松本盆地から長野盆地までを流れる川。長野盆地で千曲川と合流し信濃川となる。上流は飛驒山脈などを水源とする諸河川。長さ153キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕犀川(さいがわ)


長野県西部から北部へ流れる川。1級河川(信濃(しなの)川水系)。河川法上では上流部の上高地(かみこうち)から流れ下る梓(あずさ)川を含む。一般には梓川が松本(まつもと)盆地で奈良井(ならい)川と合流した地点から下流部分を犀川とよび、筑摩(ちくま)山地北部を穿入蛇行(せんにゅうだこう)しながら北東流、長野市街地南方で千曲(ちくま)川に合流する。筑摩山地を曲流・蛇行する部分に水内(みのち)・笹平(ささだいら)ほか5つのダム湖が連続し、水力発電に利用される。

〔石川県〕犀川(さいがわ)


石川県金沢(かなざわ)市を流れる川。2級河川(犀川水系)。延長34.5km。富山・石川県境の奈良(なら)岳(標高1644m)に源を発し、金沢市街地南方を流れ金石(かないわ)港で日本海に注ぐ。江戸時代、金沢城下へ導水された辰巳(たつみ)用水は、市内の上水道源・灌漑(かんがい)用水として重要。市街地南部の河川敷緑地公園は市民の憩いの場。上流に犀川ダム、支流に内川(うちかわ)ダムがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犀川の関連キーワード浅野川大淀川初瀬川ブルタバ川紙屋川市街地宇陀山地イリ[川]弘前[市]石川県金沢市南町

犀川の関連情報