コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望洋 ボウヨウ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐よう〔バウヤウ〕【望洋】

[ト・タル][文][形動タリ]
あまりに広々としているために見当のつかないさま。「望洋たる大河」
遠くをながめるさま。
「漫(みだり)に―の心を生ず」〈童子問・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうよう【望洋】

( トタル ) [文] 形動タリ 
遠くを眺めること。
広々として目当てのつかないこと。とりとめのないこと。また、そのさま。 「 -たる荒野をゆく」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

望洋の関連キーワード鈴木 哲子横江 嘉純中尾ミエ和泉雅子トタル蔚珍荒野

望洋の関連情報