コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉孝景(2) あさくら たかかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉孝景(2) あさくら-たかかげ

1493-1548 戦国時代の武将。
明応2年11月22日生まれ。朝倉貞景(さだかげ)の子。越前(えちぜん)(福井県)守護。将軍足利義稙(よしたね)をたすけて六角氏綱を討ち,足利義晴の代には三好氏をやぶった。のち幕府の相伴衆となる。天文(てんぶん)17年3月22日死去。56歳。通称は孫次郎,弾正左衛門尉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝倉孝景(2)の関連キーワードコロンブス上原元秀畠山政長葉室光忠朝倉孝景朝倉孝景トウガラシ朝倉孝景アグリコラジグムント2世アウグスト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android