コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉宗滴話記 あさくらそうてきわき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝倉宗滴話記
あさくらそうてきわき

戦国大名朝倉教景の教訓的雑談を荻生某が筆録したもの。1巻。成立は 16世紀と推定される。本巻のなかに明応3 (1494) 年から弘治1 (1555) 年まで 12度の合戦年代記がある。合戦,治政修身などについての戦国武将の処世観をうかがうことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさくらそうてきわき【朝倉宗滴話記】

戦国武将朝倉孝景(英林)の末子教景(宗滴)の雑談を側近の萩原某が筆記したもの。1巻83ヵ条で,成立は弘治・永禄年間(1555‐70)と思われる。《宗滴夜話》《宗滴物語》などの異称がある。朝倉氏の軍奉行であった教景自身の18歳から79歳までの12度に及ぶ実際の戦闘体験をもとに綴られた教訓で,戦国武将の心得がよく説かれている。《続々群書類従》所収。【水藤 真】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

朝倉宗滴話記の関連キーワード朝倉教景(2)朝倉宗滴

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android