コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉宗滴話記 あさくらそうてきわき

2件 の用語解説(朝倉宗滴話記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝倉宗滴話記
あさくらそうてきわき

戦国大名朝倉教景の教訓的雑談を荻生某が筆録したもの。1巻。成立は 16世紀と推定される。本巻のなかに明応3 (1494) 年から弘治1 (1555) 年まで 12度の合戦の年代記がある。合戦,治政,修身などについての戦国武将の処世観をうかがうことができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あさくらそうてきわき【朝倉宗滴話記】

戦国武将朝倉孝景(英林)の末子教景(宗滴)の雑談を側近の萩原某が筆記したもの。1巻83ヵ条で,成立は弘治・永禄年間(1555‐70)と思われる。《宗滴夜話》《宗滴物語》などの異称がある。朝倉氏の軍奉行であった教景自身の18歳から79歳までの12度に及ぶ実際の戦闘体験をもとに綴られた教訓で,戦国武将の心得がよく説かれている。《続々群書類従》所収。【水藤 真】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝倉宗滴話記の関連キーワード朝倉孝景朝倉孝景条々朝倉敏景朝倉宗滴朝倉孝景(1)朝倉孝景(2)朝倉教景(1)朝倉教景(2)朝倉教景(3)朝倉元景

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone