コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉教景 あさくらのりかげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝倉教景
あさくらのりかげ

[生]文明8(1476)
[没]弘治1(1555).9.8. 加賀
戦国大名。孝景の子。入道して宗滴。家督相続をめぐる内紛をしずめ,勢力を伸長し,越前一国を平定。のち能登,越前,加賀と転戦し,加賀の一揆と抗戦中に陣中にて没した。家臣の筆録による『朝倉宗滴話記』には当時の武将の心得などが説かれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝倉教景
あさくらのりかげ
(1477―1555)

越前の戦国大名朝倉氏の一族。初代孝景(たかかげ)の八男。入道名宗滴(そうてき)。1503年(文亀3)に叛乱を企てた一族の景豊(かげとよ)に替わって敦賀(つるが)郡司となり、以後も子孫がこの職を継いだ。敦賀(つるが)郡司として郡内を支配するとともに、代々の朝倉氏の軍事指導者として加賀の一向一揆などと戦った。彼が語ったことをまとめた『朝倉宗滴話記』によれば、18歳から79歳になるまで、隣国に出陣すること12度に及んだという。加賀一向一揆との対陣中に病を得て没した。[松浦義則]
『松原信之著『越前朝倉氏の研究』(2008・三秀舎刊、吉川弘文館発売)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朝倉教景の言及

【朝倉宗滴話記】より

…戦国武将朝倉孝景(英林)の末子教景(宗滴)の雑談を側近の萩原某が筆記したもの。1巻83ヵ条で,成立は弘治・永禄年間(1555‐70)と思われる。《宗滴夜話》《宗滴物語》などの異称がある。朝倉氏の軍奉行であった教景自身の18歳から79歳までの12度に及ぶ実際の戦闘体験をもとに綴られた教訓で,戦国武将の心得がよく説かれている。《続々群書類従》所収。【水藤 真】…

【朝倉敏景】より

…越前の戦国大名。家景の嫡子。幼名小太郎,のち孫右衛門尉,弾正左衛門尉と称す。実名も教景,繁景,孝景と変わった。《朝倉始末記》などによって敏景の名が有名となった。越前守護斯波氏の三家老の一人。主家の内紛に乗じ守護代甲斐氏などの諸氏を圧倒し,一乗谷を本拠として越前を統一し戦国大名に成長。応仁の乱では初め西軍のち東軍に寝返る。家訓《朝倉孝景条々》をのこす。法名英林宗雄。【細溝 典彦】…

※「朝倉教景」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝倉教景の関連キーワード朝倉宗滴家督相続朝倉元景一揆杉津家臣平定弘治加賀越前筆録陣中内紛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android