朝倉宮(読み)あさくらのみや

世界大百科事典 第2版「朝倉宮」の解説

あさくらのみや【朝倉宮】

斉明天皇(皇極天皇)の行宮(あんぐう)。正式には朝倉橘広庭宮(あさくらたちばなのひろにわのみや)といい,《新古今集》が天智天皇の作とする〈朝倉や木の丸殿が居れば名宣りをしつつ行くは誰が子ぞ〉にちなんで木丸殿とも呼ばれる。661年(斉明7)に天皇は百済再興支援のため西征し,3月娜大津(,福岡市南区)に至り,近くの磐瀬行宮に居したが,5月この朝倉宮に移った。《日本書紀》によれば,朝倉社の木を切り払って宮を造ったため神が怒って殿を壊し,宮中には鬼火が現れ,病死する近侍が多かった,という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android