泊瀬朝倉宮(読み)はつせのあさくらのみや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泊瀬朝倉宮
はつせあさくらのみや

雄略(ゆうりゃく)天皇の宮室。『日本書紀』雄略天皇即位前紀によれば、安康(あんこう)天皇3年11月、壇を泊瀬の朝倉に設けて即位し、ここに宮を定めたという。所在地については、奈良県桜井市大字岩坂(いわさか)説と桜井市大字黒崎(くろさき)説の二説がある。泊瀬朝倉宮に近接して、武烈(ぶれつ)天皇の泊瀬列城宮(はつせなみきのみや)があったと考えられる。1984、85年(昭和59、60)、桜井市大字脇本(わきもと)小字燈明田(とうみょうでん)から、5世紀後半を下らないと思われる掘立て柱建物が発掘され、両宮跡との関係が注目されている。[中尾芳治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の泊瀬朝倉宮の言及

【磯城】より

…崇神天皇の磯城瑞籬宮(みずがきのみや),垂仁天皇の纏向珠城宮(まきむくのたまきのみや),景行天皇の纏向日代宮(ひしろのみや),欽明天皇の磯城嶋金刺宮(しきしまのかなさしのみや)などが営まれたことが《日本書紀》にみえ,この地域は磐余(いわれ)地域とともに狭義のヤマトの主要部分を占め,古代の政治・文化の中心であった。埼玉県稲荷山古墳出土の鉄剣銘にみえる〈獲加多支(わかたける)大王〉(雄略天皇)の〈斯鬼宮(しきのみや)〉は大和のシキ地域の宮であるとする説が有力で,雄略天皇の泊瀬朝倉宮(はつせのあさくらのみや)が存在したとみられる地域も含めてシキを考えることもできる。このようにシキの範囲は三輪山周辺を中心とした初瀬川の扇状地や巻向(まきむく)周辺を含むかなり広い地域を指すとみられるが周辺部の確定は難しい。…

※「泊瀬朝倉宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android