コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉橘広庭宮 アサクラノタチバナノヒロニワノミヤ

デジタル大辞泉の解説

あさくらのたちばなのひろにわ‐の‐みや〔あさくらのたちばなのひろには‐〕【朝倉橘広庭宮】

福岡県朝倉市須川(あるいは山田とも)に置かれたとされる斉明天皇行宮(あんぐう)。天皇は百済(くだら)救援のためみずから九州に下り、661年、ここで崩御。朝倉宮(あさくらのみや)。朝倉木丸殿(あさくらきのまろどの)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朝倉橘広庭宮の言及

【朝倉宮】より

…斉明天皇(皇極天皇)の行宮(あんぐう)。正式には朝倉橘広庭宮(あさくらのたちばなのひろにわのみや)といい,《新古今集》が天智天皇の作とする〈朝倉や木の丸殿に我が居れば名宣りをしつつ行くは誰が子ぞ〉にちなんで木丸殿とも呼ばれる。661年(斉明7)に天皇は百済再興支援のため西征し,3月娜大津(現,福岡市南区)に至り,近くの磐瀬行宮に居したが,5月この朝倉宮に移った。…

※「朝倉橘広庭宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝倉橘広庭宮の関連キーワード福岡県朝倉市須川朝倉(福岡県)朝倉(市)宮野

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android