朝倉景衡(読み)あさくら かげひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉景衡 あさくら-かげひら

1660-? 江戸時代前期-中期の有職(ゆうそく)家。
万治(まんじ)3年4月25日生まれ。幕臣常陸(ひたち)水戸藩医朝倉重景の子。姉の夫新井白石にまなぶ。「本朝軍器考集古図説」をまとめ,白石の「本朝軍器考」に収録されたことで知られる。編著はほかに「愚得随筆」「遺老物語」。本姓日下部。字(あざな)は君采。通称は孫右衛門。号は南山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

朝倉景衡 (あさくらかげひら)

生年月日:1660年4月25日
江戸時代中期の国学者
?年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android