コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝原内親王 あさはらないしんのう

2件 の用語解説(朝原内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝原内親王 あさはらないしんのう

779-817 奈良-平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の皇女。
宝亀(ほうき)10年生まれ。母は酒人(さかひと)内親王。天応2年伊勢斎宮(さいぐう)となる。延暦(えんりゃく)15年京都にもどり,二品(にほん)をさずかり平城(へいぜい)天皇の妃となるが,弘仁(こうにん)3年妃を辞した。弘仁8年4月25日死去。39歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

朝原内親王

没年:弘仁8.4.25(817.5.14)
生年:宝亀10(779)
平安前期の皇女。桓武天皇と異母妹酒人内親王の娘。母方の祖母,廃后井上内親王を通して聖武天皇の血統を受け継ぐ。祖母,母と同様伊勢斎宮とされ,7歳から18歳までを伊勢で過ごした。帰京後三品に叙せられ,異母兄平城天皇の妃となるが夫婦の間は冷たく,子供に恵まれないまま弘仁3(812)年34歳で妃を辞職。同8年,母に先立って亡くなった。その一周忌に当たる翌9年3月,母酒人は朝原の遺言を受けて経典1600巻,荘園約500町などを東大寺に寄進したが,その施入状からは子に先立たれた母の悲しみがうかがわれる。<参考文献>『平安遺文45号文書』

(西野悠紀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝原内親王の関連キーワード有子内親王(1)因幡内親王高志内親王酒人内親王酒人刀自古斉子内親王(1)高津内親王業良親王基子内親王善原内親王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone