朝川同斎(読み)あさかわ どうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝川同斎 あさかわ-どうさい

1814-1857 江戸時代後期の儒者,書家。
文化11年生まれ。加賀(石川県)の人。江戸で市河米庵(べいあん)に書を,朝川善庵(ぜんあん)に漢学をまなび,善庵の養子となる。のち肥前平戸藩(長崎県)につかえた。安政4年10月22日死去。44歳。本姓は横江。名は麎(しん)。字(あざな)は士修。通称は晋四郎。別号に嘉遯,眠雲山房など。著作に「尚書古今文管窺(かんき)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android