コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村氏 おおむらうじ

3件 の用語解説(大村氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大村氏
おおむらうじ

藤原姓。天慶の乱 (→承平・天慶の乱 ) で戦死を免れた藤原純友の子直澄が肥前国彼杵郡大村久原城に拠り,大村氏を称したことに始るという。忠澄のときは源頼朝に仕え,南北朝時代には南朝方に属した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおむらうじ【大村氏】

肥前国彼杵(そのぎ)郡大村を名字の地とした領主。藤原純友の子孫と称す。大村家信が1289年(正応2)蒙古合戦の恩賞として肥前神崎荘で田地3町と屋敷を配分されており,同氏の蒙古合戦への参戦がわかるほか,同氏が鎌倉御家人であった可能性を示している。鎌倉末期には大村が含まれる彼杵荘内に少なくとも五つの大村を名のる家があったことがわかり,1333年(元弘3)10月大村太郎,大村三郎入道らは守護大友貞載より深堀明意らの乱妨を停止するよう命ぜられ,35年(建武2)10月30日に大村平太入道は筑後豊福原合戦に武家方として参戦している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大村氏
おおむらうじ

肥前国(ひぜんのくに)大村藩主。藤原純友(ふじわらのすみとも)の孫直澄(なおずみ)が994年(正暦5)に伊予大州(おおず)より肥前彼杵(そのぎ)郡大村(長崎県大村市)に入部して大村氏を称したことに始まるという。鎌倉時代には、藤津(ふじつ)、彼杵2郡の地頭職(じとうしき)につき在地掌握を強め、南北朝時代には南朝方に属して在地領主相互間の争いの渦中に入った。1474年(文明6)には、有馬勢に追われ、一時弱体化するが、1480年に旧領を回復して支配力を強め、大村純忠(すみただ)の代には彼杵地方を統轄した。純忠は、1563年(永禄6)に日本最初のキリシタン大名となり、のち長崎を開港し、また長崎とその付近の茂木(もぎ)をイエズス会に寄進し、ローマに少年使節を派遣した。しかし龍造寺(りゅうぞうじ)氏との抗争では、1480年(天正8)に臣従を余儀なくされ、居城の退去も命じられたが、1484年龍造寺隆信(たかのぶ)の敗死によって、ふたたび彼杵地域の支配権を回復した。豊臣秀吉(とよとみひでよし)の九州出陣には、大村喜前(よしさき)が従陣し、それによって旧領が安堵(あんど)された。江戸時代においても東西の彼杵郡2万7972石の大名であり、同地域を支配して廃藩置県まで続いた。明治以後華族に列し伯爵の地位を得た。[長野 暹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大村氏の言及

【大村藩】より

…肥前国(長崎県)彼杵(そのぎ)郡大村に藩庁を置いた外様小藩。藩主大村氏。2万7973石。…

【肥前国】より

…竜造寺氏は肥前国に進出してきた大友氏に対抗するため大内氏に接近し,さらに大内氏滅亡後は毛利氏と結び,肥前各地の土豪を征服し,戦国大名として急速に発展した。このほか後藤氏,波多氏,松浦氏大村氏有馬氏などの諸豪族が輩出したが,78年(天正6)ごろには竜造寺隆信によってほぼ肥前全域は平定された。ところが有馬氏を討つため島原半島に上陸した隆信は,島津・有馬連合軍との合戦で84年3月戦死した。…

※「大村氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大村氏の関連情報