折衷学派(読み)セッチュウガクハ

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代の儒学の一派。学派とはいっても朱子学派の場合のように一定の学説に基づく流派ではなく,江戸中期に輩出した折衷学者たちを総称していうもので,〈一人一学説〉がこの学派の特色である。古学派全盛のあとを受けて,18世紀の後半,当時高名の儒者10人のうち8,9人は折衷学といわれるほど流行し,儒学界の主潮流を占めた。その代表的な学説は,折衷学の提唱者である井上金峨きんが)の《経義折衷》(1764),片山兼山の《山子垂統》(1775)などにうかがえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸中期に輩出した朱子学、陽明学などの先行諸学説に偏らず、その長所をとって折衷穏当を図った儒学者たちを総称して折衷学派という。徂徠(そらい)学(蘐園(けんえん)学派)流行のあと、宝暦(ほうれき)・明和(めいわ)年間(1751~72)に片山兼山、井上金峨(きんが)らによって提唱された儒学の新学風で、一定の学説に基づく学派ではなく、「一人一学説」が特色である。しかし、いずれも既成の学派に束縛されず、中国漢唐の注疏(ちゅうそ)(古注)学から宋明(そうみん)の理学、さらには老荘学までの先行の諸説を取捨選択し、自家の見解を打ち出す学問方法のうえで共通性がある。また全体の傾向として、日本古学派とくに荻生徂徠(おぎゅうそらい)の学説を批判し、朱子学的な倫理重視の思想への回帰がみられる。折衷学派の自由な学風は、寛政(かんせい)異学の禁(1790)において禁圧の対象となったが、折衷的な学風はその後の儒学界に深く影響し、またその文献実証の方法は幕末の考証学に受け継がれた。代表的な折衷学者には、兼山、金峨のほか、山本北山、亀田鵬斎(ほうさい)、吉田篁墩(こうとん)、中西淡淵、細井平洲(へいしゅう)、宇野明霞(めいか)らがいる。

[衣笠安喜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 相反する両方の学説を折衷した学派。〔哲学字彙(1881)〕
② 江戸中期に行なわれた儒学の一派。古典の解釈をする際、古注、新注のどちらにもかたよらないで適切な説を取り入れ、また朱子学、古学、陽明学などの諸説を取捨して穏当な説を立てようとしたもの。片山兼山より起こり、井上金峨に至り盛んになった。
③ 種々の体系の中から正しいと思われる点を取り上げて、一つのまとまった学問をつくりあげた諸学派。たとえば、古代哲学の末期に東方思想と西洋思想との融合を試みたアレクサンドリアの新プラトン学派、新アカデミー学派のフィロンらや、一九世紀フランスのクーザンらをさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸中期におこった儒学の一派
徂徠 (そらい) 学のあとをうけて井上金峨 (きんが) や片山兼山らによって提唱された。田沼時代(1767〜86)が最盛期で,儒学諸派中支配的な学派となった。朱子学派・陽明学派・古学派などの諸学派にとらわれず,諸学説中の長所をとり入れ,多種の内容を含むが,綿密な文献考証により孔孟真意に接しようとする。ほかに細井平洲・太田錦城などが属する。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android