朝憲紊乱(読み)ちょうけんびんらん

精選版 日本国語大辞典「朝憲紊乱」の解説

ちょうけん‐びんらん テウケン‥【朝憲紊乱】

〘名〙 (「びん」は「紊」の慣用読み) 合法的な手段によらないで、政府転覆など、国家の基本的組織を破壊すること。すなわち暴力革命を行なうことで、内乱罪の適用を受ける。ちょうけんぶんらん。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉刊行日記「平民新聞は朝憲紊乱の嫌疑を以て告発せられたり」

ちょうけん‐ぶんらん テウケン‥【朝憲紊乱】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「朝憲紊乱」の解説

ちょうけん‐びんらん〔テウケン‐〕【朝憲×紊乱】

政府の転覆など、国家の基本的統治組織を不法に破壊すること。この目的でなされる暴動内乱罪となる。ちょうけんぶんらん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朝憲紊乱の言及

【内乱罪】より

…日本国の政治的基本組織を不法に変革・破壊すること(憲法の定める統治の基本秩序の壊乱)を目的とした暴動を行う罪(刑法77条)。刑法は,国の統治機構の破壊や領土において国権を排除して権力を行使することを目的の例として挙げている。前者は行政組織の中枢である内閣制度を不法に破壊・変革することをいい,単に個々の閣僚を殺害して内閣の更迭を目的とするだけでは本条にいう〈目的〉があったとはいえない。本罪の行為は暴動である。…

※「朝憲紊乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android