朝日一貫斎(読み)あさひ いっかんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝日一貫斎 あさひ-いっかんさい

1783-1834 江戸時代後期の儒者。
天明3年8月12日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)行蔵院の修験者朝日寧一の子。江戸で小沼立斎にまなぶ。はじめ上野(こうずけ)(群馬県)七日市藩に,のち陸奥(むつ)平藩(福島県)につかえた。天保(てんぽう)5年10月21日死去。52歳。名は集義。字(あざな)は季直。通称は直次郎。別号に中丈。著作に「授経図録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android