朝日重章(読み)あさひ しげあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝日重章 あさひ-しげあき

1674-1718 江戸時代前期-中期の武士。
延宝2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。畳奉行をつとめる。元禄(げんろく)4年から享保(きょうほう)2年までの26年8ヵ月,当時の世相,事件,物価,天候気象,芝居,身辺雑記などをしるした「鸚鵡籠中記(おうむろうちゅうき)」をのこした。享保3年9月14日死去。45歳。通称は文左衛門,定右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android