コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鸚鵡籠中記 おうむろうちゅうき

百科事典マイペディアの解説

鸚鵡籠中記【おうむろうちゅうき】

名古屋藩朝日重章(しげあき)の日記。37冊。原本は徳川林政史研究所蔵。1684年−1717年にわたり,中級の武士であった著者をとりまく日常万般の事象が体験・伝聞をまじえ記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうむろうちゅうき【鸚鵡籠中記】

日記。朝日定右衛門重章著。37冊。1684年(貞享1)8月29日から1717年(享保2)12月末日までの34年間にわたる記録。尾張藩士であった著者をとりまく日常万般の事象が公私にわたって体験,伝聞をまじえて記されている。とくに芸能関係の記事に詳しく,名古屋はもとより京,大坂,江戸などの興行記録,見聞の体験が書き留められ,しかもその信憑性は高い。本書によって元禄期(1688‐1704)を中心とした芸能史のかなりの部分が書き変えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の鸚鵡籠中記の言及

【護国女太平記】より

…5代将軍徳川綱吉が柳沢吉保の子吉里をわが子と信じて,6代将軍にしようとしたのを,正室鷹司氏信子が夫綱吉を殺害,未然に防いで自害したのが書名の由来である。実際には麻疹と疱瘡で没したにもかかわらず,相次いで急逝したため種々の風説が当時よりあり(《鸚鵡籠中記》),それらを核に,《日光かんたんの枕》《増補日光邯鄲枕》《日光霊夢記》《元宝荘子》《宝永太平記》などの実録体小説が出現した。《増補日光邯鄲枕》では,井伊掃部頭を善玉,柳沢吉保を悪玉としているが,その作者自序には井伊家に仕えていたとある。…

【酢の物】より

…魚貝類,野菜,海藻などを材料にして,合せ酢をかけたり,あえたりする料理。古代から行われていた(なます)から分化して,室町時代以降〈酢あえ〉〈あえまぜ〉〈酒浸(さかびて)〉などと呼ばれていた料理を包括した呼称で,料理書では《料理早指南》第4編(1804)などに見えるが,一般ではより古くから使われていた言葉のようで,尾張藩士朝日重章の《鸚鵡籠中記(おうむろうちゆうき)》元禄13年(1700)8月14日条に〈醋物〉と見えている。ちなみに,〈酢あえ〉は野菜その他の精進物,〈あえまぜ〉は干魚などを材料とした場合の呼称で,〈酒浸〉は鮮魚をおろしてただちに酒に浸して鮮度の低下を防ぎ,供する直前に酒から出して膾にしたものをいった。…

※「鸚鵡籠中記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鸚鵡籠中記の関連キーワードお染久松物鑓の権三酢の物

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鸚鵡籠中記の関連情報