コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮の儒教 ちょうせんのじゅきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮の儒教
ちょうせんのじゅきょう

朝鮮の儒教は中国から伝わり,三国時代にはかなり一般化していた。統一新羅,高麗の両時代には儒教も奨励されはしたが,仏教が支配的な地位にあった。李朝が成立するに及んで,儒教が国家の指導原理として登場した。崇儒抑仏政策のもとに朱子学は 16世紀に入って,その哲学的体系を確立した。その後儒学者たちは李退渓学派と李栗谷学派に分れて,「四七理気論争」を展開した。この論争はほとんど党争と結びつき,李朝末期にいたるまで継続され,その弊害ははなはだしかった。 17世紀頃に「実事求是」のスローガンのもとに,実学派が台頭し,政府の政策には取入れられず不振に終ったが,開化派などの思想的背景として継承された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝鮮の儒教の関連キーワード世宗(朝鮮、李朝)朝鮮王朝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android