コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実事求是 じつじきゅうぜShi-shi qiu-shi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実事求是
じつじきゅうぜ
Shi-shi qiu-shi

中国,清代考証学の標語。もと,漢代に起った言葉で,空論の学風に対し,文献にみえる証拠に即して合理的に事実を究明することを意味した。その後,清代には,これを宋~明代の主観的学風を排斥する旗印とし,ことに経書に即して客観的にその道理を考証する方針を示すものとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じつじきゅうぜ【実事求是 shí shì qiú shì】

中国,清代の考証学派の学問精神を示すことば。もと《漢書》河間献王劉徳伝に,彼の好学を評して,〈実事に是(ぜ)を求めた〉とあるのにもとづく。個別的事例について真実を追求するの意味。考証学は,明末・清初の顧炎武に始まるとされるが,いわゆる実事求是の学風が確立されるのは,四庫全書編纂が開始されてより後の,乾隆・嘉慶時代(1736‐1820)であり,浙東学派に章学誠,呉派に恵棟,王鳴盛銭大昕(せんたいきん)ら,皖派(かんぱ)に戴震段玉裁王念孫王引之らを輩出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の実事求是の言及

【漢学】より

…その学問の特色は,《十三経注疏》を主材として史書や諸子の文献にも及び,漢・唐の時代の訓詁(くんこ)を重んじ,校勘・考証の札記(ノート)と研究者間の書信による交流を積みかさねて,許学(許慎の古代文字学)・鄭(てい)学(鄭玄(じようげん)の経書注釈)の復活と応用をきわめようとした。旧中国におけるいわゆる実事求是の学,つまり類推と帰納の実証的方法による真理探究の学術は,この清朝漢学により代表される。 また日本での国学に対する中国の学術の総称としても〈漢学〉の語が用いられる。…

【考証学】より

…漢代の古典研究を尊重したことから漢学ともいう。宋代の思弁哲学である朱子学や,明代の観念論哲学である陽明学とはおよそ対照的に,広く資料を収集し,厳密な証拠にもとづいて実証的に学問を研究しようとするもので,〈実事求是〉がその信条であった。対象とする領域は,経学を中心に,文字学,音韻学,歴史学,地理学,金石学などきわめて広範にわたっている。…

※「実事求是」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

実事求是の関連キーワード実学[朝鮮]朝鮮の儒教狩谷棭斎嘉慶帝金正喜兪正燮陳澧何焯漢学儒教

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android