議事録(読み)ぎじろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

議事録
ぎじろく

一般に会議議事の主要事項ならびに討議の状況や結果を記載した文書をいうが,政治的には,国会および地方議会における本会議,各委員会の会議録をさす。本会議の会議は各議員に配布されると同時に,会議公開の原則に従って官報の号外という形で一般国民に公表される。委員会の会議録は委員会が独自に印刷し配布しており,これも国民が入手,閲覧できる。議事録はこれまで文書で公刊されてきたが,1982年以降は同時にコンピュータでデータベース化され,国会会議録検索システムを用いて検索が可能になった。ただ,秘密会の会議録は原本には記載されるが,一般配布用や検索システムからは除かれる場合がある。また議会のテレビ中継が普及するなかでは,映像もまた,議事録の一形態としてみなす考え方が出てきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

議事録【ぎじろく】

会議の審議内容の記録。現行憲法では会議録ともいい,衆参両議院は会議の記録を保存し,秘密会の記録で特定のもの以外は官報で公表し,一般に頒布(はんぷ)しなければならない。会社法では,株式会社の株主総会取締役会の議事録は本支店に備え置き,株主,社員,会社債権者に公示しなければならない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎじろく【議事録】

会議体の会議の内容を記録した文書のこと。日本の国会についていえば,公式には会議録といい,両議院はそれぞれその会議の記録を保存し,秘密会の記録の中で特に秘密を要するとみとめられたもの以外は,公表して,一般に頒布(はんぷ)しなければならず,また,出席議員の5分の1以上の要求があれば,各議員の表決をも,会議録に記載しなければならない(憲法57条2,3項)。衆議院および参議院の会議録は,現在,官報に掲載するというかたちで公表されている(衆議院規則206条,なお,参議院規則160条)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

議事録
ぎじろく

合議体における会議の内容をすべて正確に記録した文書。衆議院および参議院の議事録は正式には会議録という。日本国憲法は、会議公開の原則に基づき、両議院に会議録の保存、公表、頒布を義務づけている(憲法57条2項)。また地方議会においても会議録の作成を行わなければならない(地方自治法123条)。私法上の合議体においても、株式会社における株主総会(会社法318条)、取締役会(会社法369条)など議事録の作成が義務づけられているものがある。議事録としてもっとも有名なものは、最初の刊行者の名から「ハンサード」Hansardとよばれているイギリス議会の議事録で、1803年以来刊行されている。[山野一美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

議事録の関連情報