コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮鮒 チョウセンブナ

デジタル大辞泉の解説

ちょうせん‐ぶな〔テウセン‐〕【朝鮮×鮒】

トウギョ科の淡水魚。浅い池や水田などにすむ。全長8センチくらい。体は細長く、緑褐色で、繁殖期の雄は婚姻色を呈する。空気呼吸ができ、また水面に気泡の巣を作って産卵する。大正3年(1914)朝鮮半島から移殖され、観賞用。朝鮮金魚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうせんぶな【朝鮮鮒】

スズキ目の淡水魚。全長約7センチメートル。体は長楕円形で側扁する。体色は灰緑色、ひれは赤色。タイワンキンギョに似るが、尾びれの後縁が円形となる。闘魚の一種だが闘争性は乏しい。中国・朝鮮の原産で、日本にも生息する。チョウセンキンギョ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

朝鮮鮒 (チョウセンブナ)

動物。キノボリウオ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

朝鮮鮒の関連キーワードタイワンキンギョ灰緑色動物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android