コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下〓(“八がしら”に「白」)定 きのした きんさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下〓(“八がしら”に「白」)定 きのした-きんさだ

1653-1731* 江戸時代前期-中期の大名。
承応(じょうおう)2年6月7日生まれ。木下利貞(としさだ)の長男。延宝7年備中(びっちゅう)(岡山県)足守(あしもり)藩主木下家第2次4代。元禄(げんろく)14年赤穂(あこう)藩主浅野長矩(ながのり)の除封の際,脇坂安照とともに城受取役をつとめた。藩校追琢館をつくり,また果樹栽培を奨励した。享保(きょうほう)15年12月24日死去。78歳。初名は利春。号は葵峯。著作に「桑華蒙求」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木下〓(“八がしら”に「白」)定の関連キーワード小出永安木下利潔承応

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android