コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇坂安照 わきざか やすてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇坂安照 わきざか-やすてる

1658-1722 江戸時代前期-中期の大名。
明暦4年3月20日生まれ。脇坂安政(やすまさ)の次男。貞享(じょうきょう)元年播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩主脇坂家2代となる。元禄(げんろく)14年浅野長矩(ながのり)が江戸殿中刃傷(にんじょう)事件で切腹,封地没収となったとき,正使として赤穂城の受け取り,守衛をつとめた。享保(きょうほう)7年9月19日死去。65歳。通称は甚之助,主殿。号は幽水。淡路守。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

脇坂安照 (わきざかやすてる)

生年月日:1658年3月20日
江戸時代前期;中期の大名
1722年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

脇坂安照の関連キーワード木下〓(“八がしら”に「白」)定脇坂淡路守生年月日脇坂安清赤穂城跡中期

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android