コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兼敬 よしだ かねゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田兼敬 よしだ-かねゆき

1653-1732* 江戸時代前期-中期の神道家。
承応(じょうおう)2年10月22日生まれ。京都吉田神社の祠官吉田神道の秘伝をついだ吉川惟足(これたり)から返し伝授をうける。侍従,左兵衛督,神祇権大副(じんぎのごんのたいふ)をつとめ,享保(きょうほう)14年正二位。歌人としても知られる。享保16年12月17日死去。79歳。京都出身。幼名は万丸。初名は兼連。著作に「神道大意」「塩釜社縁起」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

吉田兼敬 (よしだかねゆき)

生年月日:1653年10月22日
江戸時代前期;中期の公家
1731年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

吉田兼敬の関連キーワードお振の方(2)吉田兼連園原旧富生年月日田中式如中期承応

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android