コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木内順二 きうち じゅんじ

1件 の用語解説(木内順二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内順二 きうち-じゅんじ

1812*-1867 幕末の儒者。
文化8年12月5日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の人。木内家の養子。三野謙谷(みの-けんこく),岡内綾川(りょうせん)らにまなび,梁川星巌(やながわ-せいがん)らとまじわる。郷里で教育と著述を通じて尊王を説き,兄小橋安蔵(やすぞう)の活動をたすけた。慶応3年11月27日死去。57歳。本姓は小橋。名は倫。字(あざな)は仲和。号は竜山。著作に「竜山漫録」「撃攘(げきじょう)録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木内順二の関連キーワード牧輗柴秋邨林其山秋田稲人天方暦山石城東山菊池元春鬼頭仲次関仙籟鳥取大武

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone