コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三野謙谷 みの けんこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三野謙谷 みの-けんこく

1783-1852 江戸時代後期の儒者。
天明3年生まれ。三野象麓(しょうろく)の子。讃岐(さぬき)高松藩士。藩の記録所につとめたが,異学の禁にしたがわず辞職。広島で頼杏坪(らい-きょうへい)にまなび朱子学に転向,菅茶山(かん-ちゃざん)のもとで塾頭となる。文政11年(1828)ふたたび高松藩につかえた。嘉永(かえい)5年7月7日死去。70歳。名は知彰。字(あざな)は子剛。通称は新蔵,信平。著作に「謙谷雑抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三野謙谷の関連キーワード木内順二儒者