コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木原桑宅 きはら そうたく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原桑宅 きはら-そうたく

1816-1881 江戸後期-明治時代の儒者。
文化13年2月30日生まれ。安芸(あき)(広島県)の人。坂井虎山にまなび,広島藩藩校学問所教授,儒医組となる。周防(すおう)の僧月性(げっしょう),吉田松陰とまじわる。第2次幕長戦争では「治本策」を提出,朝廷尊重にもとづく幕政改革を説いた。明治14年8月23日死去。66歳。名は籍之。字(あざな)は君茅。通称は慎斎,慎一郎。別号に撚白老人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

木原桑宅 (きはらそうたく)

生年月日:1816年2月30日
江戸時代末期;明治時代の安芸広島藩校教授
1881年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

木原桑宅の関連キーワード明治時代生年月日木原章六

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android