木原桑宅(読み)きはら そうたく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原桑宅 きはら-そうたく

1816-1881 江戸後期-明治時代の儒者。
文化13年2月30日生まれ。安芸(あき)(広島県)の人。坂井虎山にまなび,広島藩藩校学問所教授,儒医組となる。周防(すおう)の僧月性(げっしょう),吉田松陰とまじわる。第2次幕長戦争では「治本策」を提出,朝廷尊重にもとづく幕政改革を説いた。明治14年8月23日死去。66歳。名は籍之。字(あざな)は君茅。通称は慎斎,慎一郎。別号に撚白老人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

木原桑宅 (きはらそうたく)

生年月日:1816年2月30日
江戸時代末期;明治時代の安芸広島藩校教授
1881年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android