コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木城花野 きしろ はなの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木城花野 きしろ-はなの

1823*-1879 江戸後期-明治時代の歌人,教育者。
文政5年12月8日生まれ。菊池袖子,木村定良らにまなぶ。幕臣木城安太郎と結婚するが,慶応4年上野戦争で夫をうしなう。維新後,大教院女教導職をへて,栃木の模範女学校教師,女子師範寮監となった。明治12年11月1日死去。58歳。伊豆(いず)韮山(にらやま)(静岡県)出身。本姓は飯田。名は由子,芳子。
【格言など】上野山動かずさらで郭公(ほととぎす)鳴く音血をはくさみだれの頃(上野戦争のあとに放置された遺骸をみて)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木城花野の関連キーワードミツケーウィチウェーラー科学史ラグビー(フットボール)ファーブルアンドラーシボアボードランおもなお雇い外国人荘厳ミサ曲木村嘉平

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android