木城花野(読み)きしろ はなの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木城花野 きしろ-はなの

1823*-1879 江戸後期-明治時代の歌人,教育者。
文政5年12月8日生まれ。菊池袖子,木村定良らにまなぶ。幕臣木城安太郎と結婚するが,慶応4年上野戦争で夫をうしなう。維新後,大教院女教導職をへて,栃木の模範女学校教師,女子師範寮監となった。明治12年11月1日死去。58歳。伊豆(いず)韮山(にらやま)(静岡県)出身。本姓は飯田。名は由子,芳子。
【格言など】上野山動かずさらで郭公(ほととぎす)鳴く音血をはくさみだれの頃(上野戦争のあとに放置された遺骸をみて)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android