コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村信二 きむら しんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村信二 きむら-しんじ

1855-1911 明治時代の大陸浪人。
安政2年生まれ。柴四朗・柴五郎兄弟の甥(おい)。明治9年永岡久茂ら旧会津(あいづ)藩士による思案橋事件にくわわり,入獄。15年出獄し,18年清(しん)(中国)福州にわたって写真店を経営するかたわら大陸事情調査にあたる。日清戦争に海軍通訳として従軍。明治44年9月22日死去。57歳。陸奥(むつ)若松(福島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村信二の関連キーワード扉のこちら O・ヘンリー著「よみがえった改心」よりスサノオ 創国の魁大陸浪人明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android