コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村定良 きむら さだよし

美術人名辞典の解説

木村定良

江戸後期の国学者。江戸生。通称は駿蔵、字は駿卿、号は橿園。幕府先手与力を務めた。加藤千蔭村田春海と交りがあった。弘化3年(1846)歿、66才。

木村定良

江戸後期の国学者。江戸生。通称は駿蔵、字は駿卿、号は橿園。幕府先手与力を努めた。加藤千蔭、村田春海と交流があった。弘化3年(1846)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村定良 きむら-さだよし

1781-1846 江戸時代後期の歌人。
安永10年3月生まれ。江戸の人。幕府の先手与力をつとめる。加藤千蔭(ちかげ)の門人。弘化(こうか)3年3月死去。66歳。字(あざな)は駿卿。通称は駿蔵。号は橿園。家集に「橿園(かしぞの)和歌集」,編著に「類題草野集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村定良の関連キーワード木城由子木城花野菅沼定敬

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android