コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村岳風 きむら がくふう

1件 の用語解説(木村岳風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村岳風 きむら-がくふう

1899-1952 大正-昭和時代の吟詠家。
明治32年10月20日生まれ。長野県上諏訪町(諏訪市)の人。各種の職業を転々としたのち,大正末から詩吟に専念。昭和2年国楽振興会を,11年には日本詩吟学院を創立,独自の岳風流をおこし詩吟の普及につとめた。昭和27年7月1日死去。52歳。本名は松木利治。別号に源一岳など。著作に「皇漢名詩の吟じ方」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村岳風の関連キーワード級化層理日中関係リジェンダー大本教海洋文学次郎長三国志毎日新聞日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone