コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村弦三 きむら げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村弦三 きむら-げんぞう

1904-1978 大正-昭和時代の音楽家。
明治37年12月24日生まれ。大正12年郷里の青森県弘前(ひろさき)でマンドリンオーケストラ「マンドリナータ・デ・ヒロサキ」を結成,演奏活動のほか作曲もおこなう。戦後は民謡,わらべ歌の採集,採譜にとりくみ,「奥々民俗旋律集成」などにまとめた。昭和53年3月12日死去。73歳。日大中退。本名は哲也。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村弦三の関連キーワード日露戦争史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門日露戦争ロシア革命日活(株)平岩弓枝テニスサーカス大場久美子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android